• 症状についてのご案内
  • うつ病
  • そううつ病
  • 統合失調症
  • 睡眠障害
  • パニック障害
  • 社交(社会)不安障害
  • 強迫性障害
  • 過敏性症候群
  • 認知症
聖十字クリニックのご紹介
  • 医院紹介
  • 医師のご紹介
  • 初めての患者様へ
  • 患者様の声
診療時間・アクセス

岐阜県土岐市泉岩畑町3丁目2番地
土岐市駅より徒歩3分

診療時間 詳しい診療時間・アクセスはこちらから
  • 開業医の先生へ
  • 関連施設のご紹介
  • よくあるご質問

強迫性障害

ホーム > 強迫性障害

強迫性障害とはどんな病気?

強迫性障害は、ある考え(家族の誰かが死ぬのではないか、自分の手が汚れているのではないかなど)が自分の意思に反して何度も頭に浮かび、払いのけることができなくなる強迫観念と、ある行為(手を何度も洗う、ガス栓や鍵を何度も確認するなど)をしないと気がすまなくなる強迫行為があらわれ、日常生活に支障をきたす病気です。強迫性障害は初期の段階で適切な治療を受けることが大切です。

強迫性障害の主な症状

強迫性障害には、強迫観念と強迫行為の2つの症状があり、その両方があらわれる場合が多いです。

・強迫観念:ある考え(家族の誰かが死ぬのではないか、自分の手が汚れているのではないかなど)が自分の意思に反して何度も頭に浮かび、払いのけることができなくなる症状 ・強迫行為:ある行為(手を何度も洗う、ガス栓や鍵を何度も確認するなど)をしないと気がすまなくなる症状

当院での強迫性障害の治療方法

主にSSRIという心のバランスを整える薬を処方します。患者様の希望のある場合は、カウンセリングの中で、臨床心理士による認知行動療法という、考え方のバランスを取って問題に上手に対応できるこころの状態をつくっていくコツを身につける方法を用いて治療を行っていきます。強迫性障害は日常生活に支障がないレベルまで治療する事は可能ですが、実は症状を完全になくしてしまうことは難しいのです。ですので、完璧に症状を無くすということにこだわりすぎないことも重要です。

  • 症状が著しく悪化し入院が必要な場合は、関連施設の聖十字病院への入院も可能です。

ご来院いただいた後の注意点

強迫性障害の症状は、比較的時間をかけて徐々に症状が改善します。ですので、治療の初期の段階であきらめないことが非常に大切です。また、飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守り下さい。

診療時間
8:45~12:30 ● ● ● ● ● ●

日曜・祝日は休診です。

お問い合わせ・ご予約はTEL:0572-54-9816
ページの先頭へ